開講予定一覧

今後の開講予定の講座一覧です。「申し込み」ボタンより、受講をお申し込み頂けます。

実務者 実務者研修 2019年11月01日(火水金)
11/1~11/29 全8回(1ヶ月)最短コース 募集中 詳細を見る
実務者 実務者研修 2019年11月01日(金)
11/1~12/20 全8回(1.5ヶ月)短期 募集中 詳細を見る
実務者 実務者研修 2019年11月05日(火)
11/5~2/18 全8回(月/2回ペース) 募集中 詳細を見る
実務者 実務者研修 2019年11月06日(水)
11/6~1/8 全8回(2ヶ月) 募集中 詳細を見る
実務者 実務者研修 2019年11月09日(土曜日(金))
11/9~2/7 全8回(3ヶ月) 募集中 詳細を見る
実務者 実務者研修 2019年12月04日(水)
12/4~1/29 全8回 短期(週/1回ペース) 募集中 詳細を見る
実務者 実務者研修 2019年12月04日(水)
12/4~3/18 全8回(月/2回ペース) 募集中 詳細を見る
実務者 実務者研修 2019年12月06日(金)
12/6~2/7 全8回(月/3回ペース) 募集中 詳細を見る
実務者 実務者研修 2019年12月13日(金)
12/13~3/27 全8回(月/2回ペース) 募集中 詳細を見る
実務者 実務者研修 2019年12月25日(水)
12/25~4/8全8回(月/1~2回ペース) 募集中 詳細を見る

その他開講予定の講座を見る

▲ ページトップへ戻る

まずは気軽に!無料相談会へお越しください

資格取得はもちろん、キャリアップについても相談できる「介護の資格 無料相談会」を随時開催しています。
どんな資格が自分にふさわしいのかというご相談や、資格取得までの通学スケジュールはもちろん、受講費用や給付金受給の相談も承っています。◆開催日時
火曜日~金曜日 10:30~17:00
土曜日・日曜日 10:30~13:00
※その他の時間についてはご相談ください。お問い合わせフォームまたは直接お電話にてお問い合わせください。

▲ ページトップへ戻る

介護福祉士 実務者研修の料金


介護研修のステップでは、介護福祉士実務者研修が80,280円(税抜)から取得が可能です。教育訓練給付金制度を活用すれば、20%還付を受けることもできます。還付の手続きについてはスタッフ・講師がご案内できますので、お気軽にお問い合わせください。また、現在従事しているお仕事や所有している資格によっても価格は異なります。気になることがあれば、随時お問い合わせください。

介護職員基礎研修修了者

通常価格

35,000円(税抜)

無資格

※実務経験により受講料が異なります。※各料金は分割払いも可能です。(1~4回までお選びいただけます)

実務経験なしまたは1年未満

144,800円(税抜)

実務経験1年以上2年未満

125,900円(税抜)

実務経験2年以上

99,000円(税抜)

※ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

料金についてのお問い合わせはこちら

▲ ページトップへ戻る

まずは気軽に!無料相談会へお越しください

資格取得はもちろん、キャリアップについても相談できる「介護の資格 無料相談会」を随時開催しています。
どんな資格が自分にふさわしいのかというご相談や、資格取得までの通学スケジュールはもちろん、受講費用や給付金受給の相談も承っています。◆開催日時
火曜日~金曜日 10:30~17:00
土曜日・日曜日 10:30~13:00
※その他の時間についてはご相談ください。お問い合わせフォームまたは直接お電話にてお問い合わせください。

▲ ページトップへ戻る

介護福祉士 実務者研修について

実務者研修について

実務者研修とは現在の介護資格のなかで介護福祉士(国家)を除き、最上位資格となり、研修内容も他資格(ヘルパー2級や初任者研修)などと比べますとより実践的で専門性のある研修です。

よくあるご質問はこちら

▲ ページトップへ戻る

講座の概要

取得方法 通信講座を修了することで修了証が交付されます。
受講時間数は保有している資格の種類によって異なります。
受講形式 通信(自宅学習+スクーリング)
受講会場 岡山駅前校

▲ ページトップへ戻る

 

実務者研修の特徴

  1. 介護福祉士試験(国家)の受験資格には実務者研修の修了が必要となります(28年度から)。
    ※介護福祉試験(毎年1月)の前年の12月31日までに実務者研修を修了しておく必要があります。
  2. 訪問介護事業所(ヘルパーステーション)でサービス提供責任者に就くことができる。
    ※サービス提供責任者とは訪問介護を運営する上で管理者の他にサービス責任者を必ず配置しなくてはいけません。

 

認定介護福祉士(仮称)
●多様な生活障害をもつ利用者に質の高い介護を実践
●介護技術の指導や職種間連携のキーパーソンとなり、チームケアの質を改善認介護福祉士
●利用者の状態像に応じた介護や他職種との連携等を行うための幅広い領域の知識・技術を修得し、的確な介護を実践実務者研修、初任者研修修了者
●在宅・施設で働く上で必要となる基本的な知識・技術を修得し、指示を受けながら、介護業務を実践

現在の介護職員のキャリアパスは図左側のようになります。介護福祉士の国家試験(毎年1月の年一回)の受験資格は介護職に3年以上の実務経験(介護職)があれば受験できましたが、現在の制度は28年度(第29回)の試験から新制度へ変わりました!
今後、介護福祉士の受験を予定されている方は実務者研修を受講しなければ受験することが出来ません。新制度へ変わり、介護職の実務経験3年以上に加え新たに実務者研修修了が必要となりました。

実務者研修を受講されるには現在取得されている資格によって免除される科目があります。
ヘルパー2級/初任研修を取得されている方は2級/初任者で学習した科目が免除されます。

▲ ページトップへ戻る

カリキュラム

実務者科目(450時間)及び免除内容一覧図
※-は免除 ●は通信課題提出

教育内容 介護職員初任者研修 訪問介護員研修 訪問介護員基礎研修 その他読み替え可能な研修
1級 2級 3級
人間の尊厳と自立
社会の理解Ⅰ
社会の理解Ⅱ
介護の基本Ⅰ
介護の基本Ⅱ
コミュニケーション技術
生活支援技術Ⅰ
生活支援技術Ⅱ
介護過程Ⅰ
介護過程Ⅱ
介護過程Ⅲ(8日間) 通学 通学 通学 通学
発達と老化の理解Ⅰ
発達と老化の理解Ⅱ
認知症の理解Ⅰ 認知症実践者研修
認知症の理解Ⅱ 認知症実践者研修
障害の理解Ⅰ
障害の理解Ⅱ
こころとからだのしくみⅠ
こころとからだのしくみⅡ
医療的ケア 喀痰吸引等研修
医療的ケア(2日間) 通学 通学 通学 通学 通学
読み替え時間数(免除) 130時間 355時間 130時間 30時間 400時間

※講座によりスクーリングの順番は前後する場合もあります。

一般的に実務者研修を受講される方には現任(介護経験者)又は、初任者研修(旧ヘルパー2級)の修了後に受講されることが好ましいと思われます。実務者研修は初任者資格や現任(実務を一定期間経験した方)等を想定したカリキュラム内容になっていることから実務者研修の受講前に介護職員初任者研修の受講をお勧めします。ステップではステップアップ制度(割引制度)があります。

▲ ページトップへ戻る

通学日数

[全日コース]

8日間(月/2回)+演習2日間=合計10日間(6ヵ月間)

無資格の方はまずはファーストステップで初任者研修から受講してみてはいかがでしょうか。
介護職員初任者研修を受講しその後に実務者研修に進むか又は実務経験(介護経験)を積んで再び実務者研修に進むかどちらの進路もステップでは応援致します。
ステップ初任者研修修了者の方は応援価格のステップアップ割引で対応しております。

▲ ページトップへ戻る

 

まずは気軽に!無料相談会へお越しください

資格取得はもちろん、キャリアップについても相談できる「介護の資格 無料相談会」を随時開催しています。

どんな資格が自分にふさわしいのかというご相談や、
資格取得までの通学スケジュールはもちろん、受講費用や給付金受給の相談も承っています。

◆開催日時
火曜日~金曜日 10:30~17:00
土曜日・日曜日 10:30~13:00
※その他の時間についてはご相談ください。お問い合わせフォームまたは直接お電話にてお問い合わせください。