介護の仕事ってどんな仕事?

自分に介護の仕事ができるのだろうか?

一口に介護の仕事と言っても色々あるかと思います。デイサービスやヘルパー(訪問介護)などは未経験の方でも耳にした方も多いいと思います。
その他、老人ホームや病院などでの介護業務もあり多くの施設やサービスがあります。
介護の仕事を考えている方は、色々な介護の中でどの様な仕事が向いているのか、どんな働き方が良いのか、そもそも自分には介護の仕事ができるのか?など解らない事や心配なことも多いかとす思います。

ご自分の周りに介護の仕事に就いている方がいれば、経験者からのお話は貴重な情報となります。
できれば複数の経験者の方のお話を聞くことが出来れば、色々な視点からの意見として客観的な判断ができると思います。

とは言え、なかなか話を伺える環境が無く、どこで何を聞いたら良いのか解らないと言う方も少なくないと思います。
そんな方には介護養成学校(資格スクール)などで行われる受講説明会など活用する事も一つの方法ではないでしょか。

受講者は受講して資格取得がゴールではなく、資格を取得する目的があるかと思います。
受講相談では受講についての説明の他、なぜ資格が必要なのか?資格を活かした働き方についてなど、働き方や介護サービスについて色々な視点で聞くことが出来ると思います。

これからの介護人材に求められること

近年、介護業界から求められる人材の意識は大きく変化しています。
それは、介護サービスを受けるご利用者・ご家族のサービスに対する意識が変化したことが理由の一つだと言われます。
これまで以上に、ご利用者は、より自分らしい生活を求め、ご家族も介護保険サービス本来の効果を求める様になりました。
より、サービスの専門性が必要になり、今後さらに質を求める傾向は加速すると予想されます。


現在の介護職は介護の知識はもちろん医療に関する知識や介護保険など制度に関する知識も必要な専門職です。
専門学校などに通い数年間、知識や技術を学ぶ方法もあります。
しかし、他業種から転職される方は専門知識を備えてから仕事を始めるためには多くの時間と費用を費やすことになり現実的ではありません。
未経験や介護初心者の方は介護の初心者向け資格である介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を受講する方が一般的です。

介護の専門職になるには、介護の仕事を始める前後に初任者研修などの受講が必要ですが、介護職の専門性を高めるため一定期間の実務経験を積む必要があります。
国家資格である介護福祉士になるための受験資格は実務経験3年が必要です。
介護福福祉士受験に実務経験が必要な理由は、介護における専門性知識を身に着けるためには経験が必須であるとの理由からでしょう。
http://www.sssc.or.jp/kaigo/shikaku/route.htm

その他、施設運営側からの意識変化の理由として、安定した運営のためには業務改善・人材育成を積極的に取組む施設が多くなってきました。
求められるサービス提供ができる施設でなければ利用者に選んで貰えず安定運営に繋がりません。
施設は職場環境を整え優秀な人材を育て、社会ニーズに対応できるサービスを目指しています。
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000179734.pdf

介護研修のステップでは、現在無料のキャリア相談を実施しています。
そしてご相談者には、他業種から介護業界を目指す人も増えてきました。当社の介護研修を受講する方にも、未経験の方が少なくありません。
将来が描ける仕事として、介護業界は着実に注目されていると感じます。

受講料10%割引特典付!最短で資格取得を目指す方は無料相談会へ!

資格取得はもちろん、キャリアップについても相談できる「介護の資格・しごと相談会」を随時開催しています。
最短で資格取得ができる受講プランのご紹介はもちろん、できるだけ安く受講したい方には各種割引のご案内、さらに受講後の就職相談まで、どんなことでもお気軽にご相談いただけます(専門スタッフ対応)
相談会・説明会にご参加いただいた方は只今受講料10%割引!
勧誘などの行為は行いませんのでご安心ください。
◆開催日時
火曜日~金曜日 10:30~17:00
土曜日・日曜日 10:30~13:00
※その他の時間についてはご相談ください。お問い合わせフォームまたは直接お電話にてお問い合わせください。

初任者研修or実務者研修、無料で受講しませんか?

初任者研修or実務者研修0円受講生プログラム
株式会社ステップでは、0円で初任者研修または、実務者研修を受講することができます!
介護業界において意欲のある方を応援するため、また人材不足を解消するために、令和元年9月からスタートする求職者向けのプログラムです。(在職中の方は要相談)