TEL.086-212-1270

受付時間 9:00~20:00

教育訓練給付制度

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働省が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。

給付を受けることができる方

①雇用保険の一般被保険者(在職者)
受講開始日において雇用保険の一般被保険者で、被保険者期間が通算3年以上ある方

②一般被保険者であった方(離職者)
受講開始日において雇用保険の一般被保険者でなくなってから1年以内であり、かつ被保険者であった期間が通算3年以上ある方

③ご本人で受講料を払われた方。

  • ※上記①②とも初めて教育訓練給付の支給を受けようとする方については被保険者期間が1年以上であれば可。
  • ※受講開始日に66歳以上になられる方は支給対象になりません。
  • ※受講開始日とは通信講座の場合、教材の発送日となります。
  • ※雇用保険の一般被保険者でなくなった日から1年以内に、妊娠、出産、育児、疾病、負傷等の理由により対象教育訓練を受講できない旨をハローワークに申し出ると、教育訓練給付の対象となる期間を当該理由により受講を開始できない日数(最大3年)分延長することができます。

支給額は?

教育訓練経費(入学金、受講料、必須テキスト代)の20%がハローワークより支給されます。ただし、上限は10万円とし4千円を超えない場合は支給されません。

支給申請方法は?

開講時に教育訓練給付制度の使用希望をご確認いたします。
支給申請手続きは、受講生本人が受講修了後1ヶ月以内に本人の住所を管轄するハローワークに下記の書類を持参して行って下さい。

  1. ①教育訓練給付金支給申請書
  2. ②教育訓練修了証明書
  3. ③受講料の領収書
  4. ④本人・住居所確認書類(運転免許証、住民票の写し、雇用保険受給資格者証、国民健康保険被保険者証、印鑑証明書のいずれか)コピー不可
  5. ⑤雇用保険被保険者証
  6. ⑥払渡希望金融機関の通帳

教育訓練給付制度についての詳細は厚生労働省のホームページか最寄りのハローワークにお問い合わせ下さい。